不動産売却でも節税対策はできる?売る前に知っておきたい情報

不動産売却をすると、かなりの税金を支払わなくてはいけないのではないかと考える方も多いのではないでしょうか?
しかし不動産売却において発生する税金の仕組みを知れば、それ程心配する必要がないことがわかるでしょう。

不動産売却のときに発生する税金って?

不動産を売却すると、その不動産の売却額に対して税金が発生すると考えている方も多いようです。
しかし実際は、課税譲渡所得額というものに対して税金が発生します。
この課税譲渡所得額を割り出すには、譲渡価格-取得額-譲渡費用-特別控除という計算式に当てはめる必要があります。
この計算式に当てはめて課税譲渡所得額がプラスになったときだけ、税金が掛かってくるのです。
マイホームを売却する際は特別控除があるため、プラスになることは少ないようです。
それ以外に土地の売却でも特別控除を受けられる場合があるので、確認してみてくださいね。

取得費を把握して節税

税金を安くするために譲渡価格、つまり売却価格を安く設定するのはやめましょう。
それよりも、所得費を把握することが大切です。
マイホームの場合、所得費がわかっていれば課税譲渡所得額がプラスになることは少ないと言われています。
取得費がわかっているだけで節税効果が期待できるのですから、購入時の契約書や領収書を大切に保管しておくことが何よりも大切ですね。
もしそれらが紛失していて取得費がわからない場合は、譲渡価格に5%をかけて出された金額が取得費になります。
この場合は、課税譲渡所得額がプラスになることが多いようです。

所有年数を長くして節税

また所有期間によっても税率が変わってきます。
5年以下の所有では所得税率は30%ですが、5年以上になるとその半分の15%になります。
大抵短期保有と長期保有とも言われているので、これならば聞いたことがある方もいるでしょう。
マイホームの場合は10年以上になるとさらに税率が下がり10%となるため、長期保有のほうが節税のためには良いということになるのです。
譲渡する年の1月1日の時点で所有期間が5年以上ならば長期保有になります。
そのため売却するときは保有年数にも注意して、ベストなタイミングで売却すると良いと思いますよ。
ちなみに、売却する際は一括査定が便利なので是非活用しましょう。
参考サイトはこちらです⇒「不動産売却

これらを知ると、それ程不動産売却をした後の税金を恐れる必要がないことがわかるでしょう。
税務署で確認しながら手続きすれば、簡単にそして確実に手続きができますよ。